難波エリアの店舗型性風俗特殊営業からの経緯
かつて大阪には60件程のソープランド(店舗型性風俗特殊営業)が存在しました(今現在は全て廃業)。関西のソープランドは今や兵庫の福原、滋賀の雄琴にあるのみで、ソープランド利用客による経済効果(約100億円/年)は分散され、大阪のソープランド利用客は福原、雄琴へと流れて行ってしまった様です。大阪のソープランド文化は1990年頃が全盛期であった模様。

『必要悪とされていた物がなくなると困る』のはそこで働く従業員、女性、そしてお客さん。やはり遠く迄行くのは大変だ。 との事で、風営法の煽りを受け業態を変えてファッションヘルスへと変貌を遂げる各店舗。浴場としての機能をそのままに店舗型ヘルスの業態で今なお経営を続けています。 ピンクサロンへと業態変更した店舗もあります。

建物内部の造りはそのまま(多少の改装は有り)に、本番行為をしないソフトサービス店として生き残ります。 とは言えど、60件程あった店舗数は約1/3以下になり、細々と営業していると言った所。安くで利用出来ていた頃の賑わいは消え失せ、多少なりとも大阪の経済効果に貢献していた大阪のソープランドですが、廃娼運動の影響で撤収を余儀なくされます。 難波の西エリアでは名残として数店舗ファッションヘルスが営業中。難波西、難波中にホテルヘルスも数件ありますが、女性の質、男性店員の質ともにファッションヘルスに軍配が上がります。ただ、ホテルヘルスよりも値は多少張りますが。 またホテルヘルスと内容が違い、店舗型ヘルスの場合はマットプレイ(ローションプレイ)が楽しめる事が大きな違いでしょう。マット上のテクニック磨きに日々勤しむ女性店員達の功も奏したのか、徐々にお客さんも戻ってきて活気づいてきます。

風俗街としては今や日本橋には負けるものの、店舗型ヘルスの強みである、店舗の外への看板出しの効果のおかげもあってか、光輝く看板に引き寄せられ、訪れるお客さん達。やはり安心感が違うと言うのか、それなりにお客さんを掴めている様です。

難波西にある店舗型ヘルスの店舗数は9店舗程となっており、いずれも老舗店舗となっています。 何故廃業にならないのか、と言うのはお店の管理がしっかりと行き届いているからに他ならない。当局の指導をキッチリと受け、衛生管理についてもしっかりと行い、法を遵守していて安心、安全と言った部分が老舗たる所以でしょう。

難波西エリアの一部分に集中して店舗が建っていますが、各々違った趣向を凝らし、お客さんの取り合いを最低限度に抑えています。広告費も惜しまず、大々的に宣伝しているのもあり、お客さんが集まる。そうして今ある店舗型ヘルスは成り立っているのです。

ヘルス店の登竜門である、ファッションヘルス。新人女性の開拓にも力を注いでいますので、働きやすいお店を探してみませんか。 風俗求人を探すのなら「ニコニコバイト」が至極便利です。店舗型ヘルスに限らず、ホテルヘルスの風俗求人も探せます。 マットプレイってどんなもの?なんて疑問もあるでしょう。百聞は一見にしかず、一度体験入店でも良いので「ニコニコバイト」から風俗求人を探して応募してみましょう。個人情報をお店に伝える事無く風俗求人に応募できるのでプライベートな情報は一切無用。 技術の向上は後からでも大丈夫。むしろ未経験者の方が好まれますので、安心してご応募ください。
▲このページの先頭へ