1970年頃より独自の成長を遂げたアメリカ村
大阪の難波エリアは多種多様な文化が形成されており、若者達に最も支持されているのが心斎橋駅西側の「アメリカ村」(略称アメ村)と呼ばれる場所です。そのアメリカ村の中心でいて、待ち合わせスポットとしても利用されているのが「三角公園」と称される御津公園。目と鼻の先には大阪のファストフードであるたこ焼きを販売する「甲賀流」と言うお店があり、とても人気が高い。

また日本初のスライド式大型屋外ヴィジョン「Ribiaヴィジョン」が設置され、アメ村に訪れる人々への情報発信が行われています。この大型ヴィジョンでは一般広告や、アーティストのプロモーション映像、アート作品、映画情報、ファッション等、様々な事柄を放送しており、1日中見ていても飽きない。

このアメ村に訪れる客層としては10代後半から20代中盤までが比較的多く、オリジナリティ溢れるファッションを楽しむ若者達で溢れかえっています。それと同時にそれらを見に来る人々。人間観察、所謂ファッションチェックが個人個人でなされています。

はてさて、東京、名古屋にもある文化がありますが、大阪も負けず劣らず「クラブ文化」が根付いています。
しかしながら、改正された風俗営業法の範疇での営業となり、深夜1時を回るとダンスフロアーで踊ると言った行為が違法になってきてしまいました。今まではグレーゾーンで黙認されていましたが、公序良俗の観点から公安委員会が動き現状へと移行してしまいました。
現在では小学校からダンスを教育の一環(必修科目)として行っているというのに、本末転倒な状況に。文化として根付かせたいのなら取締の強化は不必要なのでは?と考えずにはいられません。
著名人が矢面に立ち、再度の改正を求める動きがありますが、こちらもいつの話になることやら、と言った所。確かに、薬物や危険ドラッグの温床となっている側面もありますが、それはそれ。本来の目的である「踊って楽しむ」事が制限されるのは非常に勿体ないと感じざるを得ません。大音量で身体に音の波を感じながら、踊りたい。これに尽きると思います。
それでもコアなクラブファンは音楽とお酒を楽しむ為に足繁く通っているのですが、如何せん盛り上がりに欠ける現状では客足がやはり引いてしまいます。何せ、深夜1時を回れば、ただのBARと化してしまうのですから。

今も元気に営業中なオススメのハコを紹介していきたいと思います。小規模から大規模まで様々なキャパシティで営業しているのですが、比較的客層が若く、クラブの雰囲気を楽しむのなら「ジラフ」がオススメです。「クラブバンビ」では女性の入場料無料等を行っており、それに伴って男性客が集まり、盛況の様です。ただ、ネックなのは小ハコな点でしょうか。ラグジュアリーな雰囲気で大人っぽい場所がお望みであれば「アンモナ」や「プラチナム」他「オンジェム」が良いでしょう。客層は20代前半~30代と落ち着いています。
中々の広さを持つ「ジュール」も人気のあるスポット。他にも「アズール」、「グランカフェ」等20店舗程アメ村界隈には点在しています。お店お店で特色があり、かかる音楽も様々。色々な場所に訪れて夜の街を楽しみましょう。

夜の街、と言えば、アメ村南側に密集するファッションヘルス群も有名であり、看板の光がとても眩しいエリアとなっています。老舗店舗が軒を連ね、連日連夜盛況となっております。そんな中、やはり必要なのは貴女の力。風俗求人を探すなら「ニコニコバイト」が検索に便利ですよ。風俗求人をお探しならばここでキマリ!

▲このページの先頭へ